マイガーデンロゴ


畑での水やりって大変?

植木鉢やプランターと、畑との水やりの違い

プランターの図
植木鉢やプランターの中では、植物が
水分を求めて根を伸ばせるスペースに
限りがあります。
また土の水分の量も植木鉢やプランターの
中の土に含まれる量しかありません。
植木鉢やプランターの中の限られた水分は
すぐに無くなり植物は枯れてしまいます。



畑の図
地面を掘ると、表面は乾いていても
土の中は常に湿っていますよね。
土の中の水分の量は、植木鉢やプランター
と違い言わば無限大です。
ですので植木鉢やプランターで育てる時の
ような、頻繁な水やりは不要です。

ご注意
苗や種を植え付けた時はたっぷり水をやって下さい。
野菜も人間と同じように、甘やかすと弱い野菜になります。
水をやり過ぎると、根を伸ばさなくても水がもらえるので
あまり根を伸ばそうとしません。
逆に水をあまり与えないと、野菜は水分を求めて
自分で根を広げていきます。
真夏は、土の中の温度が上昇して野菜が蒸れるので
日中を避けて水やりをしましょう。